お寺 鈴鹿

伊勢西国三十三所観音霊場巡礼 18番札所府南寺【9日目その6】

伊勢西国三十三所観音霊場 18番札所府南寺に到着

祭 祀:千手観世音菩薩
御真言:おん ばざら たらま きりく

近鉄平田町駅より鈴鹿コミュニティバス平田・白子線 国府郵便局下車
そこから歩いて5分

近鉄平田町駅より三重交通バス 本郷下車
そこから歩いて7分

伊勢西国三十三所 府南寺の駐車場情報

自家用車できたわけではないのにやりますよ!

府南寺の東門

府南寺の東門

先ほどの門の前を通過していくと東側の入り口にたどり着きます。

府南寺東側のスペース

府南寺東側のスペース

その周辺に広いスペースがあるので駐車できそうです。

ただここに駐車していいとは書いてなかったと思うので自己責任で停めてください!

以上、駐車場情報でした。

南側の門前にもどります。

伊勢西国三十三所観音霊場 府南寺の山門へ

伊勢西国三十三所府南寺に到着

伊勢西国三十三所府南寺の山門

東側の門が裏門、こちらの方が正面の門となります。格子のついた左右の窓をのぞくと仁王様がおられました。

府南寺の石柱

府南寺の石柱

準別格本山府南寺と彫られた石柱がありました。別格本山の意味を調べると

本山に準じた待遇を受ける特別な寺院

とのこと。

そういえば高野山の宿坊って別格本山だらけだったな

府南寺のように、一軒だけドンと構えていた方が威厳があります。

いきなり謎の声が聞こえてきました

変なことを考えていたら 突然野太い男性の声が聞こえてきました。

府南寺のスピーカー

府南寺のスピーカー

もちろん怪奇現象ではありません。人感センサーに反応して音声が流れるようです。

府南寺の縁起を聞くことができます。ちょっとびっくりしました。

泰平山 府南寺は…

府南寺って冒頭の「府」の部分にアクセントがくるんだな

伊勢西国三十三所 府南寺の境内へ

観音様が祀られている府南寺の本堂

門をくぐると見える本堂

門をくぐると見える本堂

隣には阿弥陀様をお祭りしているお堂があります。お参りする前に境内を散策したいと思います。

なんとな~く観音様ゾーンと阿弥陀様ゾーンに分かれているような気がします。

伊勢西国三十三所 府南寺の阿弥陀堂

国府阿弥陀如来

阿弥陀堂

阿弥陀堂

阿弥陀様は奥にある御厨子の中におられました。50年に一度しかご開帳されない秘仏ということでお姿は拝めず。心静かに手を合わせてきました。

それにしてもでかい提灯

阿弥陀様は国府阿弥陀如来と呼ばれ国府地域の方達の信仰を集めているそうです。

府南寺境内の観音様

本堂だけではなく境内にもおられます

外におられる観音様

外におられる観音様

本堂の千手観音様も阿弥陀様と同様に秘仏だそうです。こちらの観音様は秘仏を模したものでしょうか?

たぶん違います

伊勢西国三十三所 府南寺の鐘楼

草木の勢いがあってワイルドな雰囲気

府南寺の鐘楼

府南寺の鐘楼

ここだけ山奥のお寺のような雰囲気。紅葉の時期にはまた違った雰囲気になりそうです。10月も後半ですがまだ気温が高いので、葉が色付くにはもう少しまたなければなりません。

伊勢西国三十三所 府南寺の本堂でお参りします

聖徳太子作と伝わる千手観音が祀られている本堂

府南寺の本堂でお参り

府南寺の本堂でお参り

本堂からは般若心経を唱える声がします。

ちょうどお勤めの時間かな?

と思ったら、こちらも人感センサーに反応して音声が流れるようです。ちょっとデジタルですがお経が流れるとグッとお寺らしい雰囲気がただよいます。

音声にあわせて私も般若心経を唱えようかと思いましたが、プロのお坊さんの般若心経と素人の般若心経では音程や速度が合わず、マイペースで唱えました(笑)

千手観音御真言

千手観音御真言

千手観音様も秘仏ということで御厨子の中に安置されていました。

お?この箱の中身は?
般若心経のCD

般若心経のCD

本堂で流れている般若心経のCDが木箱の中に収められていました。CD-Rに焼いてあるところをみると住職オリジナル音声でしょう。

いい声ですし、節回しとか聞いているだけで参考になると思いますので般若心経勉強したい方は是非!(お志を納めてから)

伊勢西国三十三所 府南寺の御朱印

阿弥陀堂に向かって右側の大きな建物

御朱印はこちらで

御朱印はこちらで

御朱印はこちらでいただけます。ご住職に対応いただきました。

般若心経は唱えてますか?たいへん功徳があるので是非お勤めください。
はい!(お?荒神山に続いて本日2回目だな)

本日3件目、18番札所 府南寺でお参りしました。

これで鈴鹿市内は打ち止め!以前 御朱印をもらいそこねた四日市の勅願院観音寺へ向かいます

※まずは南四日市駅へのルートを模索します。

 

トップページへ

-お寺, 鈴鹿
-, ,

© 2022 伊勢西国三十三所観音霊場 駆け巡り巡礼記 Powered by AFFINGER5