四日市 道中

巡礼ルート 長興寺から伊勢西国28番札所 宝性寺へ【5日目その16】

長興寺から歩いて伊勢西国27番 宝性寺へ向かいます

伊勢西国三十三所観音霊場27番札所 長興寺にお参りしました。これから歩いて28番札所の宝性寺へ向かいます。どちらのお寺も最寄り駅が近鉄富田駅。(ぜんぜん反対方向なんですけどね…)
本日6件目のお寺、時間的には最終です。

宝性寺へ向かうため東海道を行く

長興寺に向かって右方向にある東海道

長興寺から見えるセブンイレブン

長興寺から見えるセブンイレブン

宝性寺は旧東海道沿いにあり、長興寺の先のセブンイレブンの先を左に曲がれば、そこはもう東海道。そこからほぼ一本道ですが、近鉄富田駅から行く人のために一度 富田駅東口へ戻ります

近鉄富田駅東口

近鉄富田駅を背にします

宝林寺へ近鉄富田駅東口

近鉄富田駅東口

駅のすぐ目の前。踏み切りの手前の路地に入ります。車が多いので注意!

駐車場を右へ

駐車場を右へ

少し進むと駐車場がありますので、そこで右方向へ。このあたり古い家と新しいマンションが混在しています。大分前に昔ながらの中華料理店があったんですが、調べてみると閉店していました。残念…

東海道に入ります

目印は少ない普通の住宅街ですが

ここを曲がれば東海道

ここを曲がれば東海道

曲がった先はもう東海道。あとは道なりに進むだけです。宝性寺までは駅から歩いて約15分。昔の人々が伊勢や京都に行くために通った東海道に思いを馳せながらのんびり歩きましょう。

弥次さん喜多さんも通った道なんだな

いやあの人たちは架空の人物…

富田の一里塚跡

旅人のための目印一里塚

一里塚

一里塚

昔は街道沿いに4km毎に塚が立っていたり、目印に木が植えられていたりしました。その跡を示す石碑。先ほどのセブンイレブンの近くにももっと小さいですが石碑が立っていました。

ちなみこの旧東海道は道幅がやや狭い割りに車の通行量が多いので、歩く方はもちろん車の方もすれちがいに注意してください。東海道は機能的には国道1号線や東名高速道路に移ったようです。

近鉄と三岐鉄道の高架

ここをくぐっていきます

近鉄と三岐の高架

近鉄と三岐の高架

手前が近鉄、向こう側が三岐鉄道の高架ですが、

さっき三岐に乗ってきた時こんなところ通ったかな?

まだこの辺りは片側一車線ずつあるし、歩道もあるので安全です。

花房生花店前の信号

ここを直進

信号を直進

信号を直進

ここは信号がありますが、右側の歩道を進めば歩行者は止らずに進めます。まだまだまっすぐです。

少し先のカーブ

ここも感覚的には右折ですがラインに沿ってまっすぐ行ってください。東海道の目印は見逃さないようにしましょう。

JRの高架と三岐鉄道の線路

この辺りから道幅がかなり狭いです

JRと三岐の線路

JRと三岐の線路

上はJRの高架、前方は三岐鉄道の線路ですが、

こんなところさっき三岐で通ったかな~

またか?しつこい!

踏み切りは車同士がすれ違うのがギリ。すれ違う隙を突いて歩行者は渡らないといけません。

東海道の道しるべ

民家の塀にたまに掛かっている道しるべ

東海道の道しるべ

東海道の道しるべ

ここが東海道である事を確認できて安心。四国の遍路道のようです。(お遍路行ったことないけど)

東海道と聞いてぼんやり思った

東海道中膝栗毛。膝栗毛とは徒歩だけど自分の膝を栗毛(の馬)のように使って歩く徒歩の旅のこと。

昔みたいに馬に乗って行ったら面白いな。
馬って軽車両扱いだから道路も走れるしね。
あ?公共交通機関か自力というルールだからだめか…
通行人にスマホで撮られるのも嫌だし…

歩き過ぎて頭疲れてるから 早く帰ってきな!

関係ない雑談終わり

この先、「蒔田」の交差点があり、一瞬広い道に出ます。そこで左折するとミニストップがあり駐車しておくことが出来ますが(コッソリ)、少し歩く必要がでてきます。

再び狭い道にもどります

ほんと嫌になるくらい狭いですが、いちおうここ東海道は県道66号線という立派な県道です!

狭い道の先に宝性寺

狭い道を抜けていくと宝性寺と彫られた大小の石柱が見えてきます。
そしてその先にあるのが、御朱印受付場所の前川製麺所

ちなみにこの石柱の手前30mにも似たような無地の石柱がありますので、注意してください。宝性寺の石柱は2番目の石柱ということになります。その詳しい説明は後ほど

伊勢西国三十三所観音霊場 28番札所宝性寺に到着

入り口が狭いです

宝性寺の入り口

宝性寺の入り口

伊勢西国三十三所観音霊場 28番札所 宝性寺に到着しました。徒歩の方はゴールで境内へどうぞ。車の方は入口がタダでさえ狭い上に、伊勢西国三十三所の青い幟が立っているため、進入するのは困難です。

頭から突っ込んで駐車したとしても、帰りに交通量が多く狭い東海道(県道66号線)へバックで出るのはかなり危険です回り込んで境内に停めましょう。

宝林寺の駐車場情報 境内へ

車を安全に停めたい方は、先ほどの石柱の話を思い出してください。

長明寺の無地の石柱

長明寺の無地の石柱

宝性寺の大小の石柱の手前30mに無地の石柱があります。そちらは長明寺の石柱ですが、車はそちらへ曲がります。

宝性寺のおとなり 長明寺の石柱

無地で二本ほぼ同じ高さなのが目印です

左右ほぼ同じ高さの石柱

左右ほぼ同じ高さの石柱

長明寺の参道へ続く道ですが、ここへ左折で入ります。石柱でやや狭くなっていますが、少し右側にあおって曲がれば充分曲がれます。タイヤの跡も道にあり、近辺の方の生活道路なので楽勝です。

断言していいのか?

長明寺の山門に突き当たって右へ

長明寺

長明寺

長明寺の堀沿いに右へ曲がります。堀にはガードレールがないのでやや注意。

宝性寺の駐車スペース

宝性寺脇の入口

宝性寺脇の入口

長明寺の前を右へ曲がるとすぐに宝性寺の脇の入口が見えてきます。境内には軽トラが停まっていましたので、入ってもいいと思います。(未確認)

私が世話人だったとしても、事なかれ主義なので、誰かが停めていても何か言うことはないですが…(自己責任でお願いします)

中は公園とつながっていたり、ベンチがあったりで市民の憩いの場になっていますので、出入りにはくれぐれもご注意ください。

富田駅より徒歩で約20分。

本日最後のお寺、宝性寺にお参りします

 

-四日市, 道中
-,

© 2022 伊勢西国三十三所観音霊場 駆け巡り巡礼記 Powered by AFFINGER5